FANDOM


バートのフランス日記』( - にっき、原題:The Crepes of Wrath、「ザ・クリープス・オブ・ラス」)は、シーズン1の第11話です。それが最初に1990年4月15日に放映された。エピソードはジョージ・メイヤーサム・サイモンジョン・シュワルツウェルダー、そしてジョン・ヴィッティによって書かれました。これは、ウェス・アーチャーミルトン・グレイによって監督された。彼女の声は後のエピソードのそれと異なっているが、アグネス・スキナーは、このエピソードで番組に初登場した。

ストーリー 編集

(後に誤って彼の背中を傷つけて、階段を下りてトリップするホーマーの原因となる)彼の部屋を掃除することを余儀なくされてきたが、マージとリサが負傷したホーマーを見つけるために家に到着し、バートを持参するように求められ、マージは怒って彼の部屋を掃除するバートに指示します。そうする間、彼は古い桜の爆弾を発見し、イタズラをプルする試みで学校で少年のトイレにそれをフラッシュすることにしました。この決定は、無意識のうちにスキナー校長の母、アグネス・スキナーと同時に行われ、彼を呼び出して「スパンキーを」により、学校、恥ずかしいスキナーを訪問。 バートはミルハウス、ルイス、チェリーボムのリチャードを示しており、それをフラッシュすることを決定。アグネス少女のバスルームに入ると、バートは、アグネスがトイレの噴出によって引き起こされる自分の席から彼女をスローを、他の浴室にあることを知らず、少年たちのバスルームにチェリーボムを爆発。

まもなくして、スキナー校長は曳航中バートとシンプソンズの家に到着する。スキナーは事件が「手に負えない超越。」したと説明してい拘留、懸濁液または除名はしないだろうと感じ、彼は国外追放を示唆している。アイデアは、マージがショックが、スキナーは彼の計画について説明します。彼を取り除くようにするために、スキナーは、バートは、外国為替のプログラムに参加すべきであるシンプソンズすることを提案している。シンプソンズはアディル・ホッジャというアルバニアからの留学生をホストするのに対し、バートは、フランスに送られます。

フランスでは、バートは、そのロバよりも、彼が悪く仕事セザールとUgolinという名前の2つのワインメーカー、で迎えているのだ。バートの服やアイテムに詮索した後、バートは、床の上で寝る、ブドウを収集し、破砕する構成されており、テストワインは不凍液と混ぜ。

シンプソンズで戻るは、アディルが実際に彼はホーマーから受けようとする核の秘密、後にスパイで明らかにされる。ホーマーはアディルが彼の作品に興味を取り、速やかに工場周辺の彼を示していることを喜んでいる。

フランスで戻る、バートは不凍液例のために送信されます。彼は街をさまようように、彼は英語に堪能ではないとだけバートのキャンディーの一部を与え、バートの葉、彼は2ヶ月があったとしても、フランス語を学ぶことは決してありませんことを感じて警察官を見つけます。彼は突然フランス語を話す開始し、児童虐待とどのようにワインに不凍液を入れについての役員に指示します。 CeserとUgolinは迅速ワイン不凍液で逮捕され、バートは、フランスの国民的英雄となっている。

アメリカ(米国)戻る、アディルはFBIによってキャッチされ、アルバニアに巻き込まアメリカのスパイで少年のために交換されます。アディルが離れると、バートは戻って、彼の家族は、再び彼を見て感謝してゆく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki