FANDOM


マイケルがやって来た!』(原題:Stark Raving Dad, 「スターク・レイビング・ダッド」)はアニメ『ザ・シンプソンズ』の第3シーズンの作品。マイケル・ジャクソンが登場するエピソード。準主役級の扱いでマイケル本人から出演したい意向の電話がスタッフに届き、共演が実現した。

マイケルはバートのファンで『Happy Birthday, Lisa』という楽曲を提供しているが、表向きは本人役でマイケル自身が演じているものの、実際には代役の歌手キップ・レノン(Kipp Lennon)が歌っているだけであった。日本ではWOWOWでの放送の時はオンエアされたものの、後のCSでのシリーズ放映からは外された。(DVDには収録されている。)尚、ジャクソンの日本語吹き替えは山寺宏一が務めた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki