FANDOM


リッチ・ムーア(Rich Moore、1963年5月10日 - )はアメリカのアニメーション監督であり、ラフ・ドラフト・スタジオのビジネスパートナーである。彼の作品の『ザ・シンプソンズ』と『シュガー・ラッシュ』で知られる。

生涯と職歴 編集

ムーアはカリフォルニア芸術大学でアニメーションを専攻した。大学時代に、友人のジム・リアドン製作の「Bring Me the Head of Charlie Brown」でナレーションをしている。

彼の監督作品にはTVシリーズの『ザ・シンプソンズ』、『フューチュラマ』、『The Critic』、『Drawn Together』、『Baby Blues』と『マッドTV!』中のアニメ『Spy vs. Spy』がある。 彼は『ザ・シンプソンズ ムービー』のシーケンス・ディレクターでもあり、FOXで2009年から放送されている『Sit Down, Shut Up』シリーズのスーパバイジング・ディレクターでもある。[1] フューチュラマではオリジナルシリーズ全部のスーパバイジング・ディレクターであるが、第1シリーズではGregg Vanzoと、第2シリーズではBret Haaと共同であった。

ムーアは2012年11月2日公開のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作の劇場版アニメ『シュガー・ラッシュ』を監督している。 [2] 彼はこの作品でキャラクターのサワー・ビルと『ストリートファイター』のザンギエフの声も担当している。

監督作品 編集

『ザ・シンプソンズ』 編集

『フューチュラマ』編集

  • 「Space Pilot 3000」(Gregg Vanzoと共同監督)
  • 「Hell Is Other Robots」
  • 「A Clone of My Own」
  • 「Anthology of Interest I」
  • 「Roswell That Ends Well」

『Drawn Together』 編集

  • 「Clum Babies」
  • 「Alzheimer's That Ends Well」

受賞歴 編集

エミー賞
  • 1991年度–プライタムタイム・クリエイティブアート・エミー賞 アニメーション番組部門(1時間未満)「良心の呵責
  • 2002年度–プライタムタイム・クリエイティブアート・エミー賞 アニメーション番組部門(1時間未満)「Roswell That Ends Well」[3]
アニー賞
  • 2002年度–TVアニメ「Roswell That Ends Well」監督[4]
アカデミー賞
  • 2012年度ノミネート: 長編アニメ映画賞『シュガー・ラッシュ』

参考文献 編集

テンプレート:Reflist

外部リンク 編集


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki