FANDOM


“あなたはノックアウトすることができ3人の子供を高め、完璧な見知らぬ人をホグタイ場合、私は、それを見るように、あなたは右の何かをしなければならない。”
マージ・シンプソン

子守のおばちゃま』(こもり - 、原題:“Some Enchanted Evening”)は、第1シーズンの第13及び第最終回だ。それは1990年5月13日にFOXで放映されている。バート、リサとマギーは、ベビーシッター「ボッツさん」と呼ばれるのに世話を持ち、ホーマーとマージは一晩夕食に出かけた。家族に知られず、ボッツはベビーシッターのために指名手配盗賊として知られており、ホーマーとマージはかなり自分の時間を費やしていたら、彼女の身元を覆ってしまった。

このような最初のエピソードから、7G08として、後のコードとは対照的に、エピソードは7G01としての作品番号で、第1シーズンと一連の生成された第1だった『シンプソン家のクリスマス』が、制作が遅れ、ワークプリントの後に見直しが行われたエピソードの不十分な受信とのエピソードの70%をカバーしていた。それは、クリスマス特別である1989年クリスマスにそれを放送すること、この休みの間に最初のエピソードになるほど、『シンプソン家のクリスマス』を放映されているのが、エピソードのこの共有は、作り直さなければならない。ルシール・ボッツコウスキーとしてペニー・マーシャルのゲストスターがいる。

ストーリー 編集

物語はシンプソン一家の朝食シーンから始まる。いつもの様に騒がしいバートとリサそしてホーマー、そんな日々に疲れを感じたマージは、KBBLラジオのDr.モンローの電話相談室に電話をかける。そして、家族が自分に全然構ってくれないと悩みを打ち明ける。そして、原子力発電所でマージの電話相談の内容を聴いたホーマーは、モーの店でモーに「たまには女房孝行してやんなよ。」と窘められて、マージの為に花束と菓子箱を買い食事と一緒に高級モーテルに泊まることにする。

だが、家ではすっかりDr.モンローのアドバイスに洗脳され、切れる寸前のマージがホーマーの帰りを今か今かと待ち構えていた。時間は8時半を過ぎ、お腹を空かせたバート達はマージに「お腹が空いた~」と訴えるが、それに怪獣の様な雄たけびで返答するマージであった。一方、ホーマーは家の入り口で、一輪の花と菓子箱を持って、マージに今までの苦労を詫びる練習をしていた。

そして、ホーマーは練習にめんどくなって帰宅、あっさりマージとホーマーは仲直りした。さて、仲直りした2人はホーマーの提案により出かけることにするが、留守にする間、子供達の為にベビーシッターを雇うことにする。だが、バートとリサとマギー達は子守センターから要注意人物としてマークされており、ベビーシッター探しに苦心することに。

その後、ボッツ夫人という人がベビーシッターとしてシンプソン家に現れ、ホーマーとマージはボッツ夫人に子供達の世話を頼み出かけていく。

何度も観たアニメビデオにうんざりしたバートはリサにテレビを観ようぜと言い、「アメリカの凶悪犯罪者」という番組を観ることにする。その番組で子守のボッツ夫人が、指名手配中のベビーシッター強盗ルシール・ボッツコウスキー(Lucille Botzcowski)であると知ったバートとリサ達は抵抗空しく囚われの身となってしまう。

その頃、ホーマーとマージ達はすっかり良い雰囲気となり、ウォーターベッドのある高級モーテルへと向かっていた。

そうしているうちにシンプソン家ではボッツ夫人により、バートとリサが縛られて家財道具を漁られていた。その物音に、寝ていたマギーが気づき、バートとリサ達の縄を解き、3人でボッツ夫人を捕らえる事に成功し、そして先ほどの観ていたテレビ番組「アメリカの凶悪犯罪者」へ連絡するため外の電話ボックスへと向かう。

さて、モーテルのウォーターベッドでゆらゆらしていたマージとホーマーだったが、子供達の様子が気になり、家へと電話してみるが、誰も電話に出ない事に不安を感じたマージ達は直ぐに家に戻ることに。そこで、ホーマーとマージが縛り上げられているボッツ夫人を発見し、ゴッソリと家の物を盗まれている事に気づかずにそのままボッツ夫人を解放し、さらに慰謝料を払って詫びる。そんなホーマーに対してボッツ夫人は「息子さんから一秒も目を離さないように」とアドバイスして、矢の様にその場から去っていった。

ボッツ夫人がホーマーの前から消えて数秒もしないうちにテレビ局と警察が駆けつけきて、ようやくボッツ夫人がベビーシッター強盗であったことを知るのであった。「駄目なオヤジだな。」と嘆くホーマーにマージは子供達が泥棒を捕まえるほどに成長したことを誇りに思うべきと諭し、物語は終幕した。

制作時における問題 編集

このエピソードは、シーズン第1作として最初に作られた作品だった。しかし、韓国で制作されたアニメーションの出来が非常に悪く、それを観たジェームズ・L・ブルックスは「これは糞だ。」と言い放った。それはかなり酷い出来だったらしく、結局本編の7割を手直しする羽目になったという。ブルックスらは、本作の出来に絶望的になって番組を続けられるか悲観したが、第2作目の「バートは天才?」の出来が良い事を知り、安心したと述べている。なお、本作のアニメ制作を担当したアニメーターはブルックスの評価に対し、脚本が悪いからだと返答したが、エミー賞を受賞後、彼らは和解している。

トリビア 編集

  • 電話相談室に電話した時、マージは自分の年齢は34歳と告げている。
  • 原子力発電所が出てくるとカラスが泣くようにしている。
  • バートとリサがモーの店に「アル・チューさんはいませんか?」と悪戯電話をかける(英語版では「Al Holic」意味は日本語吹き替え版と同じ)。今作品ではもう一度悪戯電話をするシーンがある。その時は「リン・カーンさんいますか?」
  • ホーマーはモーの店でビールのつまみに卵のピクルスを注文している。また、この頃のバーニーは髪の色は黄色である。さらにモーの髪は現在のような白髪ではなく、黒髪で微妙にパンチパーマっぽい。そして、一瞬だがラリーがいる。
  • ボッツ夫人の名前の由来は、マット・グレイニングが子供時代に子守してもらった人の名前からきている。
  • この頃、バートとリサは「妖精の国」というアニメ番組を観ていた。これはハンナ・バーベラ・プロダクションのアニメ作品「スマーフ」のパロディだと思われる。
  • マージがモーテルでネグリジェ姿になっているシーンに対してフォックステレビから「これは卑猥である」との苦情が来た。
  • バート達がボッツ夫人を倒した時、バートの背後の壁にピエロのクラスティの絵が飾ってある。
  • 本来、この作品はパイロット版として制作されていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki